生活

消費税8%→10%へ|増税前に経過措置や軽減税率について知っておこう!

2019年10月1日消費税8%から10%へ

すでにご存知かと思いますが、令和元年10月1日から消費税が8%から10%に変更になります

食料品や飲料に軽減税率の適用があり、外食などは除外となります。

今回は難しい言葉は抜きにしてわかりやすく消費税と、軽減税率について説明していきます。

もう間近に迫った消費税増税について、おさらいのつもりで読んでみてください♪

 

消費税とは?「消費税はいつから?

棒グラフ消費税が8%から10%へ

令和元年10月1日から消費税が変わります。

消費税は商品を購入したり、サービスを受けた際に国に対して事業者が替わりに収める税金です。一般の消費者が商品やサービスの提供を受ける際に店舗で支払い、レシートにも印字されているのでほとんどの方がご存知だと思います。

この消費税はこれまで度々税率が変更となってきましたが、2度の増税延期を経て消費税増税が決まり、もうまもなく8%から10%に上がります。

 

メモ

土地の譲渡、利子、保証料、保険料、商品券、プリペイドカード、外国為替、行政手数料などは非課税となっています。

 

消費税の経過措置とは?

経過措置とは消費税率が変わる移行前や移行後にスムーズに行われるための対応です。

代金の引き渡し時に商品やサービスを受けず、後になってから受け取る場合などがこの経過措置にあたります。例えば身近なものだと・・

  • コンサートや映画のチケットの購入
  • 電車や飛行機の切符やチケット

通信販売などで商品を購入する場合、ショップ毎に経過措置の対応には違いがあります。商品代金の支払いが施行日より前であっても、商品発送が指定日以降の場合に10%を適用するお店もあります。各ショップの消費税についてのお知らせ等をご確認ください。

 

軽減税率とは?軽減税率はいつまで?

低所得者への経済的な配慮から当面の間、増税の対象から外す制度です。

食料品(酒類・外食を除く)と、新聞(定期購読している週2回以上発行される新聞)が軽減税率の対象で税率は8%のままになります。

しかし、軽減税率が適用がいつまでなのか、現段階では発表されていません

 

以下の表は国税庁のウェブサイトよりお借りしてきました。

適用開始日 現行 令和元年10月1日
税率区分 標準税率 軽減税率
消費税率 6.3% 7.8% 6.24%
地方消費税率 1.7%

(消費税額の17/63)
2.2%

(消費税額の22/78)
1.76%

(消費税額の22/78)
合計 8.0% 10.0% 8.0%

引用:消費税及び地方消費税の税率

 

軽減税率を受けられるもの

ハンバーガーのテイクアウト

下記のものが軽減税率の対象となります。

  • 食料品、飲料の購入
  • ピザやそば、寿司などの出前
  • ハンバーガーショップやピザ屋でのテイクアウト
  • 有料老人ホームなどで提供される飲食

軽減税率を受けられないもの

レストランでの飲食

下記のものが軽減税率から除外になります。

  • レストランやカフェなどの外食
  • ハンバーガーショップ・ビザ屋・ケーキ屋さんなどでの店内での飲食
  • フードコートでの飲食
  • ケータリングなどの出張サービスを利用しての飲食
  • コンビニのイートインコーナーでの飲食
  • 酒類
  • 医薬品・医薬部外品など

 

まとめ

消費税の増税がいよいよ迫ってきましたね。

消費税増税前に買いだめなどは混乱を避けるために良くないことですが、買おうと思っていたものを悩んで増税後に購入したらもったいない。

必要なものをリストアップして増税前に購入しておきたいものです。

また、軽減税率を上手に利用して、お持ち帰りでも済むようなものはテイクアウトにしてもらったり、観たかった映画のチケットなどを早めに購入してのんびり増税後に楽しめたらいいですね♪

 

参考資料

国税庁 消費税のしくみ消費税軽減税率制度の手引き

-生活

© 2020 エマナビ