NEW ENTRY

imaniの2ステップニキビケア

2021/1/8

2ステップニキビケアならイマニ!imaniニキビ予防を徹底解説!

ニキビに悩む方は様々な治療、クリーム、ジェル、洗顔など色々と試してみても、最善のケア方法に巡り合うのが本当に難しいんですよね。 今回はニキビにお悩みの方に是非使ってみて欲しい低刺激性のジェルタイプ洗顔料とクリームのセットをご紹介します。 およそ1か月分の洗顔とクリームのセットを始めてみませんか?!     目次1 イマニはこんな人におすすめ2 『imani(イマニ)』のご紹介2.1 イマニ独自の低刺激設計「imani ソリューションシステム」2.2 8種の植物由来保湿成分2.3  クリ ...

ReadMore

失敗しないアートメイクサロンの選び方

2021/1/8

失敗しないアートメイククリニックの選び方・おすすめのクリニック

皆さんは「アートメイク」という言葉をご存じですか? 美容に詳しい方でしたらご存じかと思いますが、知らない方のために少しご説明しますね。 アートメイクとは「人の皮膚に針を用いて色素を注入することにより、化粧をしなくても眉・唇等の色合いを美しく見せようとする施術」と国民生活センターで定義しています。 以前なら墨汁を塗ったようなベタ塗りタトゥーを見かけたのですが、現在は4Dや4Dハイブリッドといったより自然で立体的なメイクが可能となりました。 そのため、以前はあまりメジャーではなかったアートメイクも現在では一般 ...

ReadMore

厳選!スキンケアおすすめトライアルセット

2020/12/28

厳選!スキンケア実際に使ったおすすめトライアルセットをご紹介

基礎化粧品を買ってみたけれどテスターでは良かったのに家で使ってみたらイマイチだった。。。なんて経験ありませんか? その時はよくても1週間くらい実際に試してみないとお肌の状態が良い日や悪い日によって左右されがちです。 そこで、7日間、10日間、長いもので1か月などお試しできる製品がトライアルセット(トライアルキット)です。 初めて使用する製品はこのトライアルセットからスタートするのが絶対おすすめです! 今回エマナビでは実際に試して良かった製品のみを厳選してランキング形式でご紹介しています。お取り寄せしたけど ...

ReadMore

スカルプケアソープ P.G.C.D サボン モーブの紹介

2020/12/10

サボン・モーヴの口コミ|発毛促進・脱毛予防のスカルプケアソープとは?

リンスもコンディショナーも不要。石鹸一つで美しい髪に導く石鹸があるとしたら、気になりませんか? 今回ご紹介するヘアケア商品は、石鹸一つで髪を洗い上げ、スカルプケアをし、艶のある髪に仕上げるP.G.C.D.の「サボン モーヴ」です。 育毛美容液と併用することでハリとコシ、ボリュームのある健康的な髪へ導く同ラインのトライアルセットについて詳しくご紹介していきます。 頭皮環境ばかりではなく、地球環境への配慮が優れているためおすすめですよ!   目次1 P.G.C.D.「サボン モーヴ」をおすすめしたい ...

ReadMore

ソラブドウ

2020/12/28

ソラブドウのオーガニックスキンケアを試してみませんか?トライアルセットの購入方法

一生懸命スキンケアをしているのに肌荒れや乾燥が気になる方、いませんか? 今回ご紹介するソラブドウは天然由来成分を100%使用した低刺激のボタニカル基礎化粧品です。今の基礎化粧品に満足していない方、潤いが足りないと感じる方、デリケートなお肌の方に、エマナビではソラブドウの特徴やご購入の方法などを詳しく解説しています。 ぜひ読みすすめてくださいね。   目次1 Sorabudo(ソラブドウ)をおすすめしたい人2 Sorabudoオーガニックの製品へのこだわり2.1 ソラブドウは合成添加物などを不使用 ...

ReadMore

育菌スキンケア常在菌を育てて美肌に導く

美容

育菌スキンケア|肌の常在菌を育てて美肌へ導こう!

美容系のメディアにも度々登場する「常在菌」ということば、ご存知でしょうか?

実はお腹の中に菌がいるように、健康な人の肌にも菌がたくさん棲んでいるんです。

今回はそんなヒトの肌に住んでいる菌の種類や影響、菌の育て方について記事にしてみました。

お肌の菌の仕組みを覚えれば、肌に良い習慣も生まれ、ゆくゆくは美肌に繋がっていくかもしれませんよ♪

 

肌には常在菌(常在細菌)と呼ばれる菌が住んでいる

人間は生まれる前は無菌状態で過ごしていますが、生まれるとすぐ様々な菌が付着し、増殖しはじめます。

ヒトの体に付着した菌はうまくすみ分けができていて、それぞれに適した場所に棲み着いていきます。それらの菌を『常在菌(常在細菌)』または『正常菌(正常細菌)』と呼んでいます。

口腔、胃、腸、膣、皮膚など、部位により定着する常在菌には違いがあり、みな異なる特徴を有しヒトと共生しているんです。

常在菌の中でも善玉菌が存在し、『美肌菌』などと呼ばれています。

 

皮膚にいる常在菌の種類

ヒトの肌に棲んでいる常在菌を分類すると「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」の3つです。この3つうち善玉菌が増えバランスが保たれるとお肌は健康な状態になります。

バクテリアimage

善玉菌:表皮ブドウ球菌(Staphylococcus epidermidis)

表皮ブドウ球菌は広範囲にあり、主に皮膚表面や鼻腔に存在する善玉菌で、『美肌菌』や『スキン フローラ』と呼ばれることもあります。

免疫力の落ちた患者さんが人体に挿入する人工物によって感染症ひき起こすこともあり、院内感染のニュースでしばしばその名が登場しますが、ヒトの肌に存在する時、肌を弱酸性に導きバリヤ機能を高めてくれます。

また、菌自体に抗酸化機能があり黄色ブドウ球菌の増殖を防ぎ、皮脂や汗を餌にしてグリセリンを分泌、肌を健やかに保つ働きがあります。

グリセリンは化粧品では保湿剤として、肌の乾燥を防止したりキメを整えるために用いられています。

 

日和見菌:アクネ桿菌(Propionibacterium acnes)

皮膚の常在菌で大半を占めるアクネ菌はニキビの原因としても知られて、毛穴の中や皮脂腺に主に存在しています。アクネ菌自体は悪者ではなく日和見菌とも呼ばれ、皮膚表面に付着する病原菌の増殖を抑制する働きがある菌です。

アクネ菌が分泌する酵素の働きによって毛穴に溜まった皮脂を分解しているのですが、ストレスや、思春期のホルモンバランスの変化によりその酵素の分泌量が増え、過剰になると炎症を引き起こし、ニキビが発生する仕組みになっています。

 

悪玉菌:黄色ブドウ球菌(Staphylococcus aureus)

黄色ブドウ球菌は食中毒の原因としてよくメディアに登場し、見聞きしている方もいると思います。ですが、毒性が高いため食品で増殖するとエンテロトキシンという毒素を作り、体内に入ると下痢などを伴い急性胃腸炎になることがある悪玉菌としても名高いです。

皮膚に存在する黄色ブドウ球菌は毛根や鼻腔に存在し、やはり毒性が高く健康な体では害がほぼないのですが、傷などから体内に入ると化膿したり皮膚炎を起こしたりします。

 

常在菌を育てて美肌に導く方法

洗顔フォームの泡だて

ここまで常在菌が肌に与える良い影響について解説しましたが、善玉菌である常在菌を増やすために自宅で行える方法について挙げていきます。

 

常在菌を増やす方法

  • メイクは必ず落として寝る
  • 1日に何度も洗顔をしない
  • クレンジングや洗顔で洗い過ぎない
  • 洗顔後のすすぎをしっかりする
  • 洗顔後はしっかり保湿をする
  • 油分の多いクリームを使う場合は夜だけにする
  • 防腐剤入りの化粧品を使わない
  • メイクをしない日を作る
  • ストレスを溜め込まない
  • 睡眠をしっかりととる
  • 腸内の調子を整える

美肌菌を育てようと思うとあれもこれもやった方が良いことがあるのですが、日頃から皮膚を清潔に保ち、しっかり保湿をして、ストレスを溜めない生活をしていれば自然と善玉菌も増えていきますよ。

できたら表皮ブドウ球菌が作り出すのと同じグリセリン入りの基礎化粧品で保湿あげると良いですね♪

注意ポイント

皮脂の一部(スクワレン・リノール酸)は紫外線に当たると酸化し、過酸化物質を作り皮膚への毒性が高くなります。過酸化物質が増加すると皮膚の状態悪化の原因になると考えられるため、昼間に油分たっぷりのクリームの使用はお勧めできません。

 

界面活性剤がスキンケアに与える影響

界面活性剤

界面活性剤は様々な種類の化粧品やヘアケア剤で使われています。全ての界面活性剤を否定する方もいらっしゃいますが、もし全ての界面活性剤を否定してしまった場合、大部分のコスメが使用できなくなってしまいます

もちろん肌荒れに悩む方や、敏感肌の方の場合、化粧品や洗剤の成分などに注意して慎重に選ぶ必要があります

そんな界面活性剤には種類がいくつかあり、常在菌への生育に影響があるものがあります。①陽イオン界面活性剤(抗菌作用のあるもの)と②陰イオン界面活性剤、③非イオン界面活性剤の一部にその影響が認められています。

界面活性剤不使用の化粧品はまだ一部の限られた商品しかないので、常在菌のバランスを崩さないように過度な洗浄は避け、洗った後は保湿などをしっかりして潤いを保つよう心がけてください。

 

メモ

以前より肌の調子が悪い、洗顔もしているのに調子が良くならないなど、原因がわからない場合は常在菌のバランスが崩れていることも疑い、試しに無添加化粧品や低刺激の製品を使い、肌を弱酸性に導くスキンケアを行うことがおすすめです。

鈴木ハーブ研究所乳酸菌ローション
乳酸菌ローションの効果・口コミ【鈴木ハーブ研究所】育菌スキンケアとは?

お肌にも善玉菌と悪玉菌がいることをご存知ですか? 腸の中にいるは知っている方も多いと思いますが、お肌にも存在するんですよ。 肌に存在する乳酸菌の数はなんと1兆個!   悪い菌が増えるとお肌に ...

続きを見る

 

界面活性剤の「乳化作用」

クレンジングや洗顔フォームが油性であるファンデーションを混ざり合い、メイクや汚れを落としやすくするために使われています。

界面活性剤の「浸透作用」

化粧水や美容液、クリームといった基礎化粧品の肌馴染みをよくし、するっと肌内部に入りやすくするために使われています。

界面活性剤の「分散作用」

原料の粉末原料と水分を混ぜる際に、均一に混ざり原料ごと分離しないために使われています。

 

抗生物質(抗生剤)の使用には注意

抗生物質は抗菌です。当然のことながら抗生物質(抗菌薬)を服用すると常在細菌のバランスを崩してしまうため、安易に多用するのは避けてください。風邪をひいたからと言ってすぐに飲んでしまうのはNGです。

インフルエンザなどのウィルスに感染した場合、抗ウィルス薬を服用し、抗菌薬は効かないため使用しません。

細菌とウィルスは別物です。インフルエンザウィルスはウィルス、常在菌などの細菌とは異なるのを覚えておきましょう。

 

まとめ

お肌に棲んでいる美肌菌が増え常在菌のバランス良い状態に整えば自然と美肌へと繋がっていきます。

日頃から常在菌のバランスを崩さないよう、日々の保湿と、お肌に負担をかけず清潔に保つことをを心がけましょう。

常在菌のバランスが整えばバリヤ機能によって紫外線ダメージなどから肌を守ることにも繋がり、ゆくゆくは健康的なお肌の回復に役立つはずです。

正しいお手入れを意識して常在菌バランスを整えましょう。

この記事が美容と健康を意識している方々のお役に立てたら幸いです。

 

参考文献

皮膚常在菌の皮膚状態に与える影響, 末次 一博, 白石 秀子, 泉 愛子, 田中 弘, 芝 篤志, 日本化粧品技術者会誌, 1994;28(1):44-56

界面活性剤の皮膚常在菌への影響, 宮野直子, 大阪府立公衆衛生研究所報, 2009;47

常在菌の働き, 役割, 光岡 知足, サルコイドーシス/肉芽腫性疾患, 2002; 22 (1 ):3-12 

表皮ブドウ球菌, 菊池 賢, 日本内科学会雑誌, 2008; 97(11): 2673-2677

 

RECOMMEND

アラプラススキンケア 1

皆さんは現在お使いの基礎化粧品に満足していますか? なかなかコレだ!と思う商品に巡り合えないと思っていた方に朗報です! 9月2日にSBIグループのアラプロモから新発売された化粧品『 ALA PLUS』 ...

ビーグレン実際に使用した感想 2

以前、エマナビでご紹介したドクターズコスメブランド『b.glen(ビーグレン)』ですが、使用した感想をまだブログに載せていなかったので、その驚異の実力をご紹介したいと思います! まだビーグレンを知らな ...

ミルポッシェオーガニクス‗ボディークリーム 3

妊娠された方が赤ちゃんのために早めに始めた方が良いことと言えば、葉酸サプリメントを飲み始めたり、カフェインを摂らないようにすること。 葉酸サプリメントは妊娠前から飲み始めた方が良いこと厚生労働省でも啓 ...

パイナップル豆乳ローション 4

皆さんはムダ毛処理ってどうしていますか? エステサロンで施術する脱毛サロンや、病院で処置してもらう医療脱毛でしょうか。サロンのアンケートや病院での問診に「年齢に関する質問」、「初潮を迎えたか」などがあ ...

-美容
-

© 2021 エマナビ